【速報】松本人志、土地転売で利益10億。芸人としても不動産投資家としても日本最高峰。

2010年代のタレントの不動産投資で最も成功したと言われている傑作が松本人志による、港区の一等地の転売益8億円であろう。2010年8月に港区新橋駅近くの亀井タバコ屋の隣の駐車場を8億円で購入し、 2016年3月25日に約16億円で野村不動産に売却。約8億円の利益を得た。芸能人が10億近くの不動産売却益を得たことで週刊誌は大々的に報道し、世間の耳目を驚かせた。


まず第一に、資産価値16億はありそうな港区の一等地を8億でキャッシュで一括払いした松本人志の投資判断の素晴らしさが挙げられる。2010年といえばリーマンショック直後であり、ほとんどの企業はキャッシュ欲しさに所有していた土地や不動産を安く投げ売りしていた。その時期に大胆な投資に踏み切った松本人志のこの投資は、2000年から2020年までのタレントの投資の中で一番優れた作品に数えられるだろう。

大不況の時期にキャッシュで10億円持っていること自体が脅威であり、キャッシュリッチの王様と言われる所以だ。10億円、キャッシュで買える個人は限られている。なおかつ、リーマンショック直後の不況の中で、これからもっと土地価格が下がるかもしれない、という恐怖に打ち勝ち購入は普通の人はできない。しかし松本人志は推定総資産100億と言われているので、8億で購入した土地が、5億に下がったところで、痛くもかゆくもないだろう。だから購入に踏み切れた。投資は自分の余裕資金で行うのが正解である。そして松本の判断は見事にあたり、その後世界的に経済が回復し、アベノミクスによって2010年代不動産バブルとなった2016年3月25日に16億円で野村不動産に売却した。実に8億円の利益である。

売却益ばかりでなく、土地を保有している間、駐車場経営していた。8億の利回り8%だったと計算して、年間駐車場収入は6400万円だ。5年間保有したので、駐車場収入は3億2000万円だった。8億+3億2000万円=11億2000万円の利益ということになる。

ここで松本さんは、この土地を購入して、6年弱保有し続けたあとに、野村不動産に売却しました。その間に土地の価格が上昇したため、売却価格は16億円くらいではないかと言われています。

もしこれが本当なら、松本さんは単純計算で8億円も儲けたことになります。

松本さんのやり方がうまいのは、土地を保有している間、きちんと駐車場経営をして活用し、固定資産税などの経費支払いに充てていたことです。

そして、土地を購入してから5年が経過すると譲渡所得税が安くなるのですが、しっかり6年目という譲渡所得税が安くなったタイミングで土地を売却しています。

しかも、しっかり値段が上がったタイミングで土地を売却しています。

また5年経過すると譲渡所得税が安くなる、ということも知っていた。しっかり譲渡所得税が安くなった6年目というタイミングで松本はこの土地を売却した。歴史に残るタレントによる不動産投資の成功例であろう。このディールによって松本人志は芸人としても不動産投資家としても最高峰となり伝説となった。日本最底辺地域・尼崎出身の貧乏少年は、金髪マッチョの伝説の生物へと変貌を遂げた。このディールが成功した瞬間に、髪が金髪になり、身体がムキムキになった、という逸話が残っている。

まとめ

松本人志流、不動産投資の鉄則

①大不況の時に、価格が暴落している、投げ売りされている優良物件を安く購入

②大不況に備えて大規模な投資ができるようキャッシュで貯めておく

③バブルの最高値で売却

【松本人志のような資産家になるための推薦図書】


【解説】
『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』
世界中でベストセラーとなった資産運用の入門書。
株式、不動産などいかに金を生み出し続ける資産を積み上げてくことが大切か、を説いた名著。
ラットレースから抜け出し、資産が金を生み出し続ける、すなわち不労所得だけで生活できる経済的自由を手に入れるための考え方がまとまっている。


【解説】
松本人志流の資産の築き方。松本人志と同じくどケチだった本多静六が、莫大な資産を築く過程を大胆告白。本多静六は松本人志のように大不況の時にこそ大胆に投資をしている。松本人志流の投資術を知りたかったら本書は必読である。
オーディブルという音声版がAmazonで販売されている。3倍速で聴けば1時間ほどで読めてしまう、新幹線の移動、バス旅の移動の時にヘッドフォンで聴こう。オーディブル版は2500円。読書が苦手な方でもオーディオブックなら新幹線の移動の時間に3時間で本を一冊読めてしまう。知識が一番の資産である。資産を身につけよう。

【解説】

バフェットも絶賛したバリュー株投資の傑作『投資で一番大切な20の教え』。
本書でハワード・マークスは、松本人志と同じように、大不況で誰かが投げ売りしている資産を買うように説いている。

松本がリーマンショック直後の2010年投げ売りされている土地を安く買って成功したように、株式投資の世界でも、株価下落でパニックになり投げ売りされている優良銘柄を安く買うことが成功する秘訣である、と説いている。オーディオブックで3倍速で聴けば3時間で読めてしまうので、新幹線の移動中や深夜のバス旅の時などにヘッドフォンで3倍速で聴こう。読書が苦手な方でもオーディオブックなら新幹線の移動の時間に3時間で本を一冊読めてしまう。知識が一番の資産である。資産を身につけよう。

【解説】

ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンで聴くと外界の音をシャットダウンできて読書が捗る。オーディオブックをヘッドフォンで3倍速で聴くと新幹線、電車、バスの移動時間で本一冊読めてしまい、どんどん知識という資産が雪達だるま式に増えていく。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

米国株の帝王・バーバラ沢村。

慶應義塾大学を卒業後、経営者・投資家に。日本株テンバガーで増やし、高配当米国株に変え、10年以内に配当収入年間4000万円を目指しております。私塾『米国株の帝王・沢村の女性のための株式投資』主催。塾生募集中。女性に株式投資を教えて、身近な人の資産を増やしてあげるのがライフワークです。ブログ読者の皆様の資産も増えるように、ためになるお金に関する記事を書いていきます。どなたでもお気軽にtwitter DMにてご連絡ください。